カテゴリ:猪苗代あれこれ( 200 )

湖は花盛り?

猪苗代湖恒例の「ヒシ刈りボランティア活動」に、今年も参加しています。
つなぎを着てじゃぶじゃぶと水に入り、水草の「ヒシ」を採って採って採りまくるこの作業、今年はいつものこの時期より水が多いので、うっかりつなぎに水が入ってしまうこと度々。
ぱん〇もしたたる良い女 になってしまいます。

でも湖ならではの楽しいい発見もありますよ。

コウホネやアサザに花はおなじみさんですが、今年は睡蓮の花に出会いました。
カルガモの親子が近くまでやってきたり。
(まれに動物の死骸が浮いてたり・・・)

無心の作業はいつしか皆を童心に帰らせるかも?

9月14日までの毎週木曜日(お盆除く)猪苗代湖北岸で行っています。
誰でも参加OKです!
詳しくは、猪苗代水環境センターにお問合せください。

湖は花盛り?_a0096989_21134625.jpg
湖は花盛り?_a0096989_21133087.jpg
湖は花盛り?_a0096989_21140697.jpg



by ppoponta | 2017-08-04 20:49 | 猪苗代あれこれ | Comments(0)

どんぶらこ~と川流れ

どんぶらこ~と流れているのは 土田堰。
磐梯山の東側から猪苗代を抜け、最後には猪苗代湖にそそぐ全長約12キロの水路です。
江戸時代の始め、会津藩祖保科正之公祀る土津神社のため造られた、歴史あるもの。

歴史と水の利用を考えてもらうべく行われたこのイベントは、本日限りの特別行事。
これは「猪苗代湖の自然を守る会」主催のもので、日頃猪苗代湖でのヒシ駆除やヨシ狩り、白鳥定点観測など、自然や水質保全等に携わってきている会ならではのものです。

今回は土津神社近くからの約500メートルをタイヤチューブやビニールボートでゆったりどんぶらこ。
水路の石垣は現在では修復されて、昔の造りが残るのごく一部ですが、昔々の人たちがうんしょいしょっと大勢で造っているが思い浮かび、時の流れを感じるのであります。

どんぶらこ~と川流れ_a0096989_17513148.jpg


どんぶらこ~と川流れ_a0096989_17514586.jpg

by ppoponta | 2014-08-17 15:19 | 猪苗代あれこれ | Comments(0)

小平潟天満宮 

猪苗代湖天神浜にある小平潟天満宮。
24,25日と行なわれる初天神のため、提灯付けて華やかな装いです。。


小平潟天満宮 _a0096989_1075884.jpg


ここは学問の神様・菅原道真公が祀られており、パワースポットでもあるんですよ。

歳を重ねるごとになお一層学問の神様にあやかりたい、というかあやからなければ頭に入ってゆかない、と思うこの頃です。
                          byママ
by ppoponta | 2014-07-23 10:09 | 猪苗代あれこれ | Comments(0)

今日は猪苗代町の初市・十三市。
休日でもあり、めちゃめちゃ寒いにも関わらずたくさんの人出でした。

(私の場合)十三市といったら、まず買うのは起き上がり小法師。

起き上がり小法師がメインだけれど、蕎麦餃子だって_a0096989_2181038.jpg

そしてうぐいす餡の大判焼き。
これさえ手に入れば本日の任務は完了したも同然です。
その後は、何か旨そうなものは無いかとぶらぶらと通りをうろつく、というのが定番であります。

今日はそのぶらぶら途中、「いなわしろ蕎麦餃子残り1本!」というアナウンスがやおら聞こえてきました。
「ん、残り一本?そういえば噂の蕎麦餃子って食べたことない。あら大変!」
と、丁度近くまで来ていた「蕎麦餃子」のブースへ駆け込み、めでたく最後の一本を手に入れたのでした。
この蕎麦餃子は、猪苗代町商工会青年部の皆さんが、地元の産物でもある蕎麦を取り入れ試作を重ねあみだした餃子です。
町でのイベントや、うまいものNo1決定戦に参加するなど、これまで「いなわしろ蕎麦餃子」をあちこちでPRしてきたとのこと。
今日もブースには若い皆さんが元気良く集っておりました。
頼もしい限りです。

起き上がり小法師がメインだけれど、蕎麦餃子だって_a0096989_21105938.jpg


さて肝心の餃子はと言うと、美味いです。
細長い餃子の形に合わせて蕎麦がするすると入っていて、というより、長い蕎麦に合わせて餃子の形が細長いのでしょうね。

何処かのイベントで「いなわしろ蕎麦餃子」を見かけたら、ぜひ食べてみて下さいね。
          byママ
by ppoponta | 2014-01-13 21:07 | 猪苗代あれこれ | Comments(0)

夏の暑さも終わり特別に涼を求めるわけでもなく、木々が色づく季節でもなく、雪に囲まれる白の世界でもない、どうってことないこの時期。

それでもここは静かに人を惹きつけます。
よし、せめて水しぶきで悟りを開こう、てわけにはいかないか_a0096989_21591128.jpg


よし、せめて水しぶきで悟りを開こう、てわけにはいかないか_a0096989_21593231.jpg

達沢の不動滝にて
                   byママ
by ppoponta | 2013-09-18 21:47 | 猪苗代あれこれ | Comments(0)

そばの花

いつの間にかあちこちで蕎麦の花が咲いていました。

猪苗代の町は今、どこもかしこもこの白い花が満開。
(むむ お山がちょっぴりお隠れ遊ばしているのが残念!)

そばの花_a0096989_18284046.jpg

                     byママ
by ppoponta | 2013-09-09 18:17 | 猪苗代あれこれ | Comments(0)

大河ドラマ・八重の桜オープニングに登場するシーン、磐梯山の麓に広がる童たちとパラソルの花。
県外遠くからこのシーンの場所を見に来た、という方も多いです。
ドラマの舞台は会津から京都へ移ったけれど、まだまだ会津のファン多し。

八重の桜、オープニングのシーン_a0096989_17213748.jpg



猪苗代町の体験交流館・学びいなでは、撮影に参加した子ども達の写真と撮影風景が展示されています。
こっちゃさ来たついでに足を運んでみてくなんしょ。
八重の桜、オープニングのシーン_a0096989_17174429.jpg


八重の桜、オープニングのシーン_a0096989_17171436.jpg

                    byママ
by ppoponta | 2013-08-06 21:44 | 猪苗代あれこれ | Comments(0)

こんなところにあの花が

猪苗代町カメリーナ広場の池に咲く黄色い花、アサザ。
(太陽の光が当たらないと咲かないので、曇り空のこの時は咲いていませんでしたが)

アサザの黄色い花が広がる様子は、夏の猪苗代湖北岸の風物詩のひとつでもあります。
が、ちょこっと見に行ける場所ではありません。
なので、こんなところでアサザ見物、もいいかもしれませんね。
こんなところにあの花が_a0096989_6361997.jpg


こんなところにあの花が_a0096989_6363547.jpg




こんなところにあの花が_a0096989_6443611.jpg

            byママ
by ppoponta | 2013-08-01 22:28 | 猪苗代あれこれ | Comments(0)

紫陽花でお花見

今猪苗代町亀ヶ城址公園は紫陽花でいっぱい。
遊歩道もチップが敷かれ歩きやすくなっており、ぶらりお散歩にいいですよ。

紫陽花でお花見_a0096989_1811123.jpg



紫陽花でお花見_a0096989_18112045.jpg

              byママ 

by ppoponta | 2013-07-12 18:20 | 猪苗代あれこれ | Comments(2)

猪苗代も田んぼの季節。
掃除が終わった水路を、勢いよく水が流れてゆきます。
ゴーゴーとほんとに凄い勢いで。
水は猪苗代じゅうの田んぼを潤し、高い所から見ると、猪苗代湖の水面と田んぼがつながっている風に見える、なんて風景になるのももう少し。
ほんとに凄い勢いなんだから_a0096989_14163679.jpg


溢れちゃってるし・・
ほんとに凄い勢いなんだから_a0096989_14165860.jpg

                  byママ
by ppoponta | 2013-05-17 10:01 | 猪苗代あれこれ | Comments(0)