あぶくま鍾乳洞で

久しぶりに田村町のあぶくま鍾乳洞に行ってきました。
洞内の幻想的なライトアップはもちろんのことですが、冬の間は一部にイルミネーションも加わって、一層華やか。
(洞内だから昼間でもイルミネーションOK!)

以前夏に行ったときは「寒~い!」でしたが、中は15℃くらいとあって今は、心地よい温度です。
しかも湿気があるので、なんとなくお肌がしっとりする感もあり、なかなかの快適空間。

もう何年も前に初めて行ったときは、「へえ~!ほお~!わあ~!」とただ騒いで楽しんでいたような気がします。
今回もやっぱい「ほお~!わあ~!」と楽しみましたが、「なるほど~!!」という大地への尊敬の念が加わり、ちょっとは進歩したかしら。

byぽぽんたママ

by ppoponta | 2018-01-08 16:58 | 福島県や近県あちこち | Comments(0)

体験学習推進協議会の視察で、南魚沼市の六日町に行ってきました。
ここの塩沢宿牧之(ぼくし)通りは、雪国ならではの風情のあるつくり。
そして店舗の看板や所々にある掛札など、訪れる者たちを楽しませる工夫が随所にあります。また魚沼といえばこしひかり。米を使用したスイーツやお酒、極上のお米など、米製品も豊富。

今回案内して下さった南魚沼市グリーンツーリズム推進協議会のスタッフの方の話で、町が生まれ変わるための多くの人たちの力、地元の産業や伝統を生かすための努力など、故郷を思う人たちの熱い心が伝わってきました。

いつもいつも思うんだけれど、日本っていいなあ。
そしておらが猪苗代もいいとこいっぱいあるぞ~、って。byママ

どこの町もみどころたくさん_a0096989_14471221.jpg


どこの町もみどころたくさん_a0096989_14595757.jpg

ここは一体どれくらい雪が降るの?というのをかまきりが教えてくれるオブジェ。
かまきりだかバッタだかわからない、というので「かま」と「きり」を背負っているらしい。
どこの町もみどころたくさん_a0096989_15033916.jpg

                
こんな旨いものを試食で頂いてしまいました。幸せ・・
by ppoponta | 2013-11-21 15:16 | 福島県や近県あちこち | Comments(0)

森に包まれて

福島県只見町のブナ原生林。
水はゆるやかに流れ、その沢に覆いかぶさるようにブナの森はどこまでも続くかのように。

苔むした倒木に並ぶきのこ、ススーっと足元を横切るイワナ、頭上の木々の間から射しこむ光、そして秋色の落ち葉が水の流れに彩りを添えていました。

長い時を経てきた大自然の中では人はほんのちっぽけな存在だけど、「永久釣り禁止」の立札に、その自然と共に歩む人々の大きな力を見た、気がします。

森に包まれて_a0096989_65614.jpg


森に包まれて_a0096989_651991.jpg


森に包まれて_a0096989_653116.jpg

                 byママ
by ppoponta | 2013-10-09 21:10 | 福島県や近県あちこち | Comments(0)

一石二鳥の宝さがし

一石二鳥の宝さがし_a0096989_6283961.jpg8月から県内7つのエリアで展開されている
「リアル宝さがしイベントin福島・コードF-3古き天文学者からの挑戦」。

宝の地図にある謎を解き、エリアごとにあるパスワードを入手、
そしてそのパスワードから宝箱の場所を探り当てる。

なあんだ、子どもがやるような宝探し?と思いきや、これがかなりハードです。

パスワードがある場所を特定する「謎解き」や、いざそのエリアでの
パスワードと宝箱探索など、なかなかの難題。
(「なぞ解き」は難しいほど燃えるらしく、大の大人がいつしか夢中。)
そして福島県は広い!
いわきや伊達、会津田島などかなりの距離を移動するのであります。

さて今回宝の探索もさることながら、あちこちの街の今まで知らなかった名所や名物などに出会えたことが
一番の収穫かも。

一石二鳥の宝さがし_a0096989_555219.jpg今までに足を踏み入れたことある町や初めてゆく町で、裏通りがとても趣のある散策路だったこと、その土地の意外な歴史が発見できたこと、通りすがりの
パン屋さんのパンがとても美味しかったこと、わからなくてうろうろ、じゃなくて
行きつ戻りつ探索していたら散歩途中のおじさんがさりげなくヒントをくれたこと、団子やラーメンが美味しかったこと。
今度は桜を見に行こう、あそこのお店で次はあれが食べたいな、など
福島宝さがしの旅は福島再発見となりました。

そして楽しんだ甲斐あって、めでたくすべての謎をクリア!
こんな広いエリアを廻る人なんてそんなにいないよね、なんて勝手に思っていたら、すでにかなり多くの人達がパーフェクトクリアしているとのこと。
ということは、それらの多くの人たちが福島県内をぐるぐる回ったってことなのね。

ワンダフル!

さああとはあのお目当てのパーフェクト賞が当たるのを待つのみ
                       byママ                    
by ppoponta | 2012-09-30 21:39 | 福島県や近県あちこち | Comments(0)

福島って広い

ひょんなことから、いわきの「石炭・化石館、ほるる」に行ってきました。
いわきと言うと、今まで「スパリゾートハワイアンズ」と「アクアマリンふくしま」と「ららみゅー」くらいしか行ったことがなく、ほるるは初めて。

ここには、いわきで発見されたクビナガリュウの「フタバサウルス・スズキイ」のでっかい、じゃなくて長~い化石が展示されていました。
江戸時代からの炭鉱の様子とさらに古の恐竜の痕跡。

福島県の面積は東京、千葉、神奈川を足した面積より広く、北海道、岩手に続き、全国で3番目に大きい県です。
なので県の真ん中あたりの山沿いの猪苗代と、東側の海沿いのいわきとは歴史や様子もあれこれと違いがあります。
ニシンやタラを干物で食べる会津と、いつも新鮮な魚が口に入る海沿いの街と。
冬の3~4か月も雪がある会津と、ほとんど雪が積もらないいわきと。

う~ん、福島って広い。そして何だか面白い!

と、化石を見て妙に「福島」の奥深さを感じたわたくしなのでした。

福島って広い_a0096989_22171740.jpg
福島って広い_a0096989_22173094.jpg

                byママ
by ppoponta | 2012-06-28 22:20 | 福島県や近県あちこち | Comments(0)

森に囲まれた隠津島神社

猪苗代湖の南、郡山市の福良から7キロほどの山にある「隠津島神社」。
その名は知ってはいたけれど、今回足を運んだのは初めてです。
神社の駐車場まで車道があるとはいえ、社殿に近づくにつれ林は深くなり、なんだか神妙な気分になってきます。

森に囲まれた隠津島神社_a0096989_19014.jpg


森に囲まれた隠津島神社_a0096989_1901185.jpg


参道には杉の巨木が並び、社殿を原生林が囲みます。
社前を流れる小川。
商売繁盛のへび神様が祀られている風穴堂。
(へび神さまには卵を奉納するらしく、卵の殻が付近に落ちていました。)
森に囲まれた隠津島神社_a0096989_1902432.jpg


森に囲まれた隠津島神社_a0096989_1903472.jpg



ここは延喜式内社としての由緒があるらしく、たしかに森閑としているその様には感動でした。

今だって車でやっとこさ行くようなのに、その昔には皆安息やご利益を求めてはるばるこの山にやってきたのですね。


                     byママ
by ppoponta | 2012-06-07 19:07 | 福島県や近県あちこち | Comments(0)

大いなる海~その2

昨日の「アクアマリンふくしま」の帰り塩谷崎に寄りました。

この海岸にくるのは初めてですが、来たことある人の話によると、砂浜が減ってしまった(地震で海岸が地盤沈下し水辺が多くなった)とのこと。

海岸線に近い集落では、津波が通り抜けた様子が多く見られました。
家々が流された後に残ったコンクリートの基礎。
修復中だったり、重機で取り壊し中だったりの家。
学校の校庭に山のように積んである瓦礫。

「がんばっぺ 福島」の言葉がずっしりと響く、一日でありました。

大いなる海~その2_a0096989_037454.jpg

                   byママ
by ppoponta | 2011-12-07 23:58 | 福島県や近県あちこち | Comments(0)

小名浜のアクアマリンふくしまに行ってきました。

相変わらずきらきらと圧倒的なパワーのイワシ達。
ぴょんぴょんと愛らしいトビハゼ。
水の中を飛ぶように泳ぐエトピリカ。
もにゃもにゅしたその足の動きに見入ってしまう、エビやカブトガニ。
そしてタコやうなぎは美味しそうだし。

ほんとにいつまで見てても飽きません。

大いなる海 ~ アクアマリンふくしまにて _a0096989_2122843.jpgきょろきょろ目ん玉のトビハゼ
さて、どこにいるでしょう?



大いなる海 ~ アクアマリンふくしまにて _a0096989_21264363.jpg
いや~ちょっと飲みすぎちゃったよ~ 
もうここで寝ちゃうよ、おじさんは~


大いなる海 ~ アクアマリンふくしまにて _a0096989_21352414.jpg

アンニュイな雰囲気漂うタツノオトシゴ。


大いなる海 ~ アクアマリンふくしまにて _a0096989_21374642.jpg

そして締めはアジのから揚げ!
(子ども体験館「アクアマリンえっぐ」で釣った魚をその場で揚げて頂いちゃいます)







3.11の震災時、津波により停電、水槽の水環境悪化の為、余所へ疎開したトドや鳥類などを除き750種20万匹の大半は残念な姿になりました。

300種、2万匹でスタートした7月15日の再オープン。
今は魚たちもだんだんと増え、以前のような魚オーラ溢れるアクアマリンふくしまに近づいてきているようです。

しかし、魚たちは愛らしいのにあれもこれも食べたくなっちゃうのは何故・・・?
                 byママ
by ppoponta | 2011-12-06 21:55 | 福島県や近県あちこち | Comments(0)

福島市・高湯温泉のあったか湯。
男・女湯・貸切風呂はどれも半露天風呂で、この写真は貸切風呂。
左半身が不自由な義母が、義父とゆっくり入れるようにと貸切風呂を利用してみました。
(2日前から予約受付)

貸切風呂でちょっと贅沢気分~あったか湯_a0096989_0214668.jpg

ここはてすりがついていて、浴槽への段差が少なく、足元に安心して浴槽にはいることができました。

都会からやってくる義母は温泉が好き。
こちらに来るとあちこち行くのですが、入りやすいところはなかなか少ない。
大抵は手すりはあるけれど、浴槽に降りる段差が深くてちょっと困ります。
普段介助して、慣れている人ならば大丈夫なのだろうけれど、たまに手を貸す私には、お湯でつるつるした足元は、真剣勝負、です。

このあったか湯は、料金一人250円ととてもリーズナブル、貸切風呂はそれにプラス50分1000円です。
お湯は白濁していて硫黄の匂いがぷんぷん、涼しい風がそよそよと吹き抜け、あ~まさに温泉じゃ!
                  byママ
by ppoponta | 2011-08-19 23:46 | 福島県や近県あちこち | Comments(0)

足をのばして山寺へ

さてさて、今日はちょっと足を伸ばして、いえ、だいぶ足を伸ばしてお隣山形の山寺(宝珠山立石寺)に行ってきました。
足をのばして山寺へ_a0096989_21263647.jpg

山寺といえば、「静けさや 岩にしみいる 蝉の声」の舞台でもお馴染みですね。
そこはまさに「静けさや」の言葉ふさわしく、深山幽谷の世界。
木々に囲まれ岩に守られた、平安時代からの霊場です。

そうだ、山寺といえば忘れてはいけないのが玉こんにゃく。
一番上の奥の院までの石段は1015段。
これを食べて力をつけ上まで上れる様にと、山門手前には名物玉こんにゃくが!

足をのばして山寺へ_a0096989_21312338.jpg
足をのばして山寺へ_a0096989_21273487.jpg


そしてもう一箇所、新発見のところへいって来ましたよ。
天童市にある鈴立山・若松寺(じゃくしょうじ)。
最上三十三観音の一番札所でもある若松寺は、花笠音頭の「めでためでた~の~ わかまつさまよ~♪」
にでてくる「若松」なんですって!
足をのばして山寺へ_a0096989_21565318.jpg


どちらの寺も 太く立派な杉の木が空に抜けるかのように並び、古からの時の流れを感じさせてくれる、そんな空間でした。

うん、今日は霊験あらたかな一日だった。
                       byママ
by ppoponta | 2010-05-26 21:59 | 福島県や近県あちこち | Comments(0)