カテゴリ:自然( 147 )

標高500Mの猪苗代もさすがに毎日暑いです。
朝、空が白み始めるとセミたちが鳴き始め、5時には既に大合唱。

そんな日の、ばんだいの宝発見講座「裏磐梯のとんぼ入門」参加は、涼しげなひと時でした。
今回の主役はイトトンボ達。
日本では、福島、青森、長野、山形、新潟にしかおらず、しかも裏磐梯ではあちこちで見られるアマゴイルリトンボをはじめ、オゼイトトンボやクロイトトンボなどなど、スリムでさわやかではかなげなその様子にしばし暑さも吹っ飛びます。

「えっ?今のはルリトンボ?オゼイトトンボ?クロ?アオ?どこが青いの?足が白いって?足見えない~」
などと区別するのに大騒ぎ。
こんなに多種の生き物たちがいる自然っていいな(^_^.)
裏磐梯でトンボに遊んでもらう_a0096989_07011580.jpg
アマゴイルリトンボ(だよね?)

by ppoponta | 2018-07-20 06:53 | 自然 | Comments(0)

裏磐梯・中瀬沼遊歩道でみつけた「ハルゼミ」。
そういえばときおり 「ギッ」となくのか泣かないのか微妙な声が聞こえてたっけ。

これからは抜殻探しも山歩きの楽しみの一つです。

あらまあ、もうそんな季節なのね。_a0096989_2264244.jpg


                     byママ
by ppoponta | 2014-05-25 22:19 | 自然 | Comments(0)

身近な薬草

こんなものみつけました。
トウヤクリンドウ。別名せんぶり。
胃や腸の薬草になるらしい。どうやらかなり苦いとか。
う~ん気になる。
でもあまり見かけないものなので、そっとこのまま、来年またお目にかかりましょう。
身近な薬草_a0096989_16142633.jpg

                   byママ
by ppoponta | 2013-10-23 20:10 | 自然 | Comments(0)

ラショウモンカズラの花。
昔、平安時代に渡辺綱(わたなべのつな)が、京都の羅生門で退治した鬼女の、切り落とされた腕になぞらえた花の名がついたとのこと。

う~ん、犬の顔に見えるんだけど・・・耳もひげもあるし・・
う~ん・・・こりゃあ想像力を働かせないと・・・_a0096989_15394648.jpg

                  byママ
by ppoponta | 2013-06-04 21:06 | 自然 | Comments(0)

ハートがゆらゆら

カツラの木、若葉が開いたばかり。
小さなハートの影が風でゆらゆら。

ハートがゆらゆら_a0096989_14283550.jpg

                 byママ
by ppoponta | 2013-05-18 14:27 | 自然 | Comments(0)

土の中から顔出して

何やら額を寄せ合って相談している、こごみさん一家。
土の中から顔出して_a0096989_735728.jpg

by ppoponta | 2013-04-19 23:30 | 自然 | Comments(0)

桜色なので

アップで見るとまるでフリンジ咲き八重の桜
桜色なので_a0096989_22321938.jpg



その正体は「イワカガミ」。
この時期山々の登山道に彩りを添える立役者。
桜色なので_a0096989_22323715.jpg


足元に咲く花も、ぐっと顔を近づけて下から覗き込むといつもとは違った世界が見えますよ。
                   byママ
by ppoponta | 2012-07-01 12:23 | 自然 | Comments(0)

アザミをつんつん

アザミを見ると、つい花をつんつんしたくなる。
花の先っぽをつんつんすると、白い花粉がもにょもにょって出てきます。

蝶や蜂が花にとまると花粉が出て、彼らの体にくっついて他へ運んでもらう、という訳。
そしてアザミにはもう一つ賢い知恵があるのです。
花の付け根を指でつまんでみると・・・・

植物だっていろいろと考えているのよね。
                   byママ
アザミをつんつん_a0096989_21231114.jpg

by ppoponta | 2012-06-25 21:03 | 自然 | Comments(0)

白い妖精?亡霊?

梅雨時のお馴染み、ギンリョウソウ。
よくもこれだけ出てきたもんだ、というくらいの群生です。

地の底からわらわらと蘇る亡霊のごとし。
それとも雨の妖精?

白い妖精?亡霊?_a0096989_8385714.jpg

                      byママ
by ppoponta | 2012-06-19 17:00 | 自然 | Comments(0)

オドリコソウが一面に咲いていた。

花の形が笠をかぶった踊り子の姿に似ているのが由来。


ここは青空ダンスホール。(踊り子の意味がちょっと違うけど・・・)
「踊り子」たちがいっぱい_a0096989_2172132.jpg

                    byママ
by ppoponta | 2012-06-14 21:10 | 自然 | Comments(0)